素人(アマチュア)写真家の写真と日記 > 建造物

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建造物

リバーサイドハウス

朝の散歩中に、沿いを歩いていると、写り込みが良い感じだったので、撮影しておいた^^

riverside

水草の所に野鳥でもいると良かったかなぁと思いつつ、写真投稿サイトにアップしてみると、何もいなくて良かったとのコメントが入っていた。

riverside

2枚目が、この写り込みに気づいて一番最初に撮影した写真で、1枚目は、棒切れが流れてくるのを待って撮影した写真だが、2枚目の方は、RAW現像後に、Picasaで、ほんの少しだけHDR加工してみた。

よく考えてみると、カメラ内現像で、HDR効果を入れられるので、現像後のHDRは、無駄だったような気がしてきた^^; 週末に時間があれば、K-5のカメラ内現像をためしてみよう(^^)

まもなく、K-3Ⅱが発売される。新しいカメラが欲しいなぁと思いつつ、いやいや、まだまだ技術が伴っていないとも思う。良いカメラを使っていれば、技術もついてくるのかというと、そうでもないらしいし…。ただ、機材に頼りたい気もする(笑)
スポンサーサイト

タグ: 河川 写り込み 建物 民家 ゆらぎ 水面 HDR効果

建造物

住吉神社

の季節に、これまでに撮影したことのないを撮ろうと考え、あちこち車を走らせた。名所はいくつかあるのだが、今年のはあっという間に咲いてあっという間に散った感じだったので、撮影場所の選定に苦労した。地元のはすでに木が傷んでいるものもあり、満開になっても、見応えのないものもあるし…。

車で2時間近く走れば、かつて撮影した名所もあるのだが、如何せん年度代わりの時期で時間もない…。そんな中、見つけたのがこちら…。

住吉神社の桜

宮崎県宮崎市郊外にある『住吉神社』という神社のである。隣に市営の動物園があって、動物園の駐車場から撮影した。結構見応えのある桜で、来年はもう少しじっくり撮ってみようかと思ったが、さて、良いタイミングで撮れるかどうか・・・。

住吉神社

この『住吉神社』だが、全国には同名の神社がたくさんあるらしいが、この住吉神社が元祖だとか…・。よくわからない時は、Wiki先生に尋ねるのが一番ということで、以下、Wikipediaからの引用・・・・

住吉神社(宮崎市)

概要
 『古事記』・『日本書紀』に「伊邪那岐の大神、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原(檍原)に禊ぎ祓えたまいしに」と記された「阿波岐原」関係する神社で、境内は阿波岐原(塩路に隣接)を含む広大な敷地を持っている。南には住吉三神の父・イザナギ(伊弉諾、伊邪那岐)神を祀る江田神社(宮崎県宮崎市阿波岐原町)があり、祭神の父子関係を含め両社の結びつきは深い。阿波岐原にはこの2社のほか小戸神社(おど-)・一ッ葉稲荷神社があり、いずれも古社として知られる。ただし、小戸神社は、寛文2年(1662年)、外所地震(とんどころ-)による大津波で海没、宮崎市橘通を経て、現在は宮崎市鶴島に移転している。

住吉三神が誕生したのが当地であるという由緒から、全国の住吉神社の元宮を表す「元」の紋が代々受け継がれている。神殿の屋根に取り付けた懸魚(妻飾り)の上の破風飾りや手水屋の屋根などにも「元」の文字がある。

海が近いこともあって古代より海の神、航海の安全の神として信仰されているほか、疱瘡(ほうそう)除け・無病息災の神社としても崇められている。

引用ここまで…。

住吉神社という名前の神社は全国に600社あるらしいが、その元宮ということで、「元」の文字が・・・^^ しかしながら、yahoo検索で、「住吉神社」と入力すると、約1,080,000件ヒットするが、宮崎市の住吉神社はなかなか出てこなかった…。

ウィキペディアで、住吉神社の歴史を見てみると、更に面白いのだが、ココではカット…(^^) 住吉神社からおよそ2、3km離れた所に、江田神社という知る人ぞ知る神社があるのだが、ここの桜も美しい。残念なことに、桜を撮影しようとすると、余計なものが入り込んでしまうが…。

ということで、江田神社では、こんな写真を撮った…。

桜の花びら

桜の花びら

桜の散り際の美しさは格別で、今シーズンのテーマにもしていた花びら1枚のみ、江田神社では2枚撮影した。本当は住吉神社でもゆっくり撮影したかったのだが、平日は、時間に追われる身ゆえ、ゆとりのある撮影ができないのが残念。

桜

桜

残りの2枚は、誰でも撮れそうなありきたりな桜の写真。中学生のスマートフォンでも撮れそうな写真だな^^;

タグ: 花びら 住吉神社 江田神社

建造物

照葉大吊橋

所用で、宮崎県東諸県郡綾町へ出かけた。

綾町には、日本で二番目に高い照葉大吊橋という吊橋(日本一はおとなりの大分県にあるらしい)がある。時間にゆとりがあれば、ゆっくりとこの吊橋を渡ってみたかったのだが、残念ながら、下から写真を撮るだけだった^^

照葉大吊橋

照葉大吊橋

これらの写真は、2枚ともPENTAX K-5で撮影したものだが、緑豊かな場所ではK20Dの発色も素晴らしく、K20Dを持参していなかったことを後悔した^^

今度こそ、吊り橋を渡りながら、いろいろと撮影したいものである^^

タグ: 照葉大吊橋 吊り橋 綾町 PENTAX K-5 K20D

建造物

宮崎県立美術館

地方紙の美展を見に行って以来、しばらくぶりに県立美術館へ足を運んだ。とある展示会の写真撮影のために訪れたのdが、美術館の写真も撮っておこうと、美術館入口付近から撮影した…。

当日は、スッキリしない天気だったこともあり、こんな感じの写真になったのだが、どうもうまく撮れない…。

県立美術館

ここに人物が入ったらどうだろうと思っていると、建物から幼稚園児と引率の先生が出てきたので、数枚撮影させてもらった…。写真を撮ったのは良いのだが、掲載許可をいただいていないため、この写真ブログにアップするわけにもいかず、困った…^^

まぁ、建物の写真を撮りに来たわけではないのでと、気を取り直して展示会の会場へ向かう…。

階段を登る途中で、展示会のポスターが見えたので、踊場で三脚を据えてポスターを撮影…。その後、受付の写真を撮らせてもらったが、こちらも肖像権の関係でアップできない…^^;掲載拒否はされないと思うのだが…。

2年前に同じ会場で写真を撮影したのだが、やはり明るい単焦点レンズが必要だと思った…^^

18-55mmの標準ズームレンズでは、良い画質の写真は撮れない気がした…^^というわけで、数日後、2度めの写真撮影と相成った…。

建造物

サンマリンスタジアム宮崎

宮崎では、昨日(5/29)から全国高等学校総合体育大会の県予選が行われている。

連日、報道されている「口蹄疫」の感染拡大防止のため、保護者や生徒による応援が自粛になっているが、わが子が出場する最後の大会になるとあれば、駆けつけない親はいないのではないかと思う。

昨日、今日と、県予選の写真撮影を目的に、宮崎県武道館のある宮崎県総合運動公園を訪れた。昨日は、例年に比べて、ずいぶん車が少ないなぁと思ったが、今日は競技種目も増えたため、駐車場には沢山の車が止まっていた。

「剣道」を例に挙げると、最後の大会には珍しく、棄権している生徒もいた。もしかすると、それどころではないということなのかもしれないが、定かではない。

今年は、「剣道」を中心に写真を撮ったのだが、それ以外にも楽しみにしていたことがあった。それは、SONY DSC-WX1でのパノラマ撮影である。

サンマリンスタジアム宮崎

このコンパクトデジタルカメラを購入してからずっと撮ってみたかった被写体が、この『サンマリンスタジアム宮崎』だった。やっと、この写真を撮ることができた(笑)

こちらは、もう少し広めに撮影したパノラマ写真

サンマリンスタジアム宮崎と宮崎県武道館

昨日は、陸上競技場へも足を運んだので、当然、陸上競技場のパノラマ写真も撮影した(^_^)v

宮崎県総合運動公園 陸上競技場

そして、今年の主会場になった『宮崎県武道館』の剣道場の観客席を撮影した写真はこちら…。

宮崎県武道館 剣道場

浜辺でのパノラマ写真には、満足できなかったが、サンマリンスタジアム宮崎や陸上競技場それに、武道館の観客席の写真はそれなりに満足できた。

今度は、サンマリンスタジアム宮崎の球場内のパノラマ写真を撮影してみたい。

ただ、宮崎県では、高校野球の練習試合が禁止されているほか、夏の全国高等学校野球選手権の県予選が、無観客試合になる可能性があるという…。

もし、そういうことになれば、サンマリンスタジアム宮崎の球場内の写真はおろか、プレー中の写真も撮ることができない。一刻も早く『口蹄疫』のまん延が終息するのを祈りたい。

タグ: 宮崎県武道館 サンマリンスタジアム宮崎 宮崎県総合運動公園 パノラマ

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー

お気に入りブログ(リンク)

FC2ブログランキング

相互リンク

RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。