素人(アマチュア)写真家の写真と日記 > 生き物・動物

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き物・動物

初見・初撮り出来たものの『なっちゃってチュウヒ』になってしまった話

久しぶりにカワセミさんに会いたいなぁと思い、気が向いた時に時々撮影に行くいつもの干潟調整池)に行った。

この日は、残念ながら、カワセミさんは不在。クロツラヘラサギも撮影場所からは見えなかった。カモ類の数も少なく、これは持久戦になりそうだと思っていると、地鳴きするウグイスの鳴き声が聞こえてきて、先日アップしたウグイスに出会う。今日はウグイスだけでもいいかと思っていると、水面がざわめき、カモ類が移動した・・・・。

「なんだろう??」と思っていると、猛スピードでこちらに飛んで来る鳥が!!

「なんだ、あれは!??」だんだん近づいてきて頭上を通り過ぎた頃、ハヤブサだとわかった(笑)ハヤブサが飛んで来ることがわかっていれば、カメラを構えるだけでも構えたのに、カモ類のざわつきが何なのかすら理解していなかった…(笑)

それでも、初めてハヤブサが飛んでいるシーンを見たと興奮していると、今度は別の野鳥が飛んできた。あまり見たことのない色というか、カラスやトビならすぐにわかるし、ミサゴは一番好きな猛禽類なので、すぐに撮影開始となるところだが、またまた、「なんだろう??」ということになり、見てしまう…(笑)

これでは、先ほどの二の舞いだということで、カメラを構えて、とりあえず、ピント合わせにチャレンジ!しかし、動きが速くてピントが合わない(笑)こちらに向かってこられては撮影しようがないと思いつつ、横向きに飛んでくれることを期待していると、そんな感じになったので、また慌ててピント合わせ…。何度もシャッターを切ったが、ほぼ全滅だった・・・トホホ・・・。まぁ、野鳥撮影のど素人が、昭和のマニュアルレンズで動体撮影をしようということじたいが間違っているわけで・・・・(笑)

チュウヒ

チュウヒ

結局、20カットほど撮影したが、鳥の正体はわからなかった・・・。

久しぶりに来たのだから、何とかカワセミさんを撮りたいなぁと粘っていると、双眼鏡を片手に野鳥を見に来られた方が・・・。挨拶を交わし、しばらく話を聞いていると、この調整池に「カラフトワシ」が来ているらしいということがわかった。

「カラフトワシ」

名前を言われても、どんな姿の鳥なのかすら、分からなかった(猛禽類は、ワシとタカだということくらいは知っているが、ワシは動物園でしか見たことがない(笑))が、自分が撮影していた場所には、昨年のこの時期にはカラフトワシを撮ろうと大砲が並んでいたということだった・・・。

話をしているうちに、この方が野鳥に詳しい(『宮崎野鳥』という本を出された方らしい)ということがわかり、「実は、さっきこんな鳥が飛んできたのですが・・・」と、ショボい画像を見てもらうと、「これは、チュウヒですね!何時頃撮られましたか??」と言われたので、モニターの設定を変更して、画像情報を見てみると、3時半前(3時28分頃)だと判明し、

「3時半前ですね・・・。」と答えると、「やはり、そうですか…。3時半頃にチュウヒが見られるとは聞いていましたが.…。撮りたいなぁ…」とおっしゃった…。

そう言われても、こちらは、「へぇ~、そうなの??」という感じだった(笑)

チュウヒ

図らずも、猛禽類チュウヒの初見・初撮りということになったが、写真は、タイトル通り「なんちゃってチュウヒ」(笑)
スポンサーサイト

タグ: チュウヒ 猛禽類 宮崎 野鳥 調整池 干潟 K-5 昭和のマニュアルレンズ

生き物・動物

今年も飛来していた絶滅危惧種のクロツラヘラサギ御一行様

今年もカワセミのいる干潟には、絶滅危惧種クロツラヘラサギが飛来している。

今年は、クロツラヘラサギが14羽飛来しているらしいが、一緒に2羽のヘラサギもいるらしい…。ヘラサギはまだ撮影したことがないので、できれば撮ってみたいのだが・・・^^

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギ

↓こちらは、別の日に撮影したクロツラヘラサギコサギのツーショット(笑) 400mmのマニュアルレンズを使っても、大トリミングしなければならないくらい遠い(笑)

クロツラヘラサギとコサギ

クロツラヘラサギが寝ていることころを撮影しても全然面白くないので、もっと行動的なシーンを撮りたい…。もうしばらくは、クロツラヘラサギとヘラサギの撮影チャンスがあると思うのだが、これから忙しくなるので、撮影に行けるかどうか…^^;

タグ: クロツラヘラサギ ヘラサギ 野鳥 コサギ 絶滅危惧種

生き物・動物

竹やぶで地鳴きしているウグイス

初見・初撮りの野鳥の記事は、いずれアップするとして、こちらは、竹やぶで地鳴きしている「ウグイス

いわゆる「ホーホケキョ」と鳴くのは、春になってからで、竹やぶでは地鳴きといって、鳴き方が違う。以前、ウグイスの幼鳥を撮影したことがあったが、それもまだ2月頃だった記憶が・・・。

ウグイス

ウグイス

画像は2枚ともK-5と昭和のマニュアルレンズの組み合わせで撮影したものだが、1枚目の向こう向きの画像はイマイチピントが合っていない…。それでも、昭和のマニュアルレンズで良かったかもしれないが・・・^^

そして、まだまだ「野鳥シリーズ」が続く・・・(笑)

タグ: ウグイス 野鳥 K-5 マニュアルレンズ

生き物・動物

ジョウビタキ♂

こちらは、今シーズン、よく出会っているジョウビタキ

K-5と昭和のマニュアルレンズの組み合わせで撮影した。この日は、久しぶりにカワセミを撮影に来たのだが、カワセミは不在。ミサゴも上空を旋回したかと思ったら飛び去って、シラサギかカモ類しかいないという状況になった…。

そこに颯爽と現れたジョビ男君(^^) 久しぶりに遊んでもらった(笑)

ジョウビタキ♂

ジョウビタキ♂

昭和のマニュアルレンズの最短撮影距離は4mなのだが、このジョビ男君、レンズから3m以内にまで近づいてくるサービス振りで、こちらが下がらなければ撮れなかった(笑)

今日は、ジョウビタキだけかなぁと思っていると、初見の鳥が飛来した…。でも、マニュアルレンズなので・・・撃沈(笑)

タグ: ジョウビタキ マニュアルレンズ K-5 野鳥 写真

生き物・動物

ダイサギよりも小さく、チュウサギよりも大きいシラサギをチュウダイサギというらしいという話

シラサギには、何種類かあるらしい…。

ダイサギ

チュウサギ

コサギ

これに、ダイサギより小さいがチュウサギより大きい、チュウダイサギというシラサギがいるらしいことを、先日初めて聞いた。詐欺にもいろいろあるが、サギにもいろいろあるらしい(笑)

というわけで、チュウダイサギ写真を・・・。

チュウダイサギ

チュウダイサギ


2枚とも、PENTAX K-5と昭和の400mmマニュアルレンズでの撮影。やはり三脚が軽すぎるのか、それとも撮り方が下手なのか、今ひとつの描写だ…。風が吹いて、白い羽がふわっとした感じを撮影したいなぁと思うが、なかなかチャンスに恵まれず…。

タグ: シラサギ チュウダイサギ PENTAX K-5 マニュアルレンズ 白鷺 写真

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー

お気に入りブログ(リンク)

FC2ブログランキング

相互リンク

RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。